• 俺が小6の時に不思議な体験をした話でもしようと思う



    1: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)02:53:13 ID:6o5

    書き溜めはしてある。
    8年前の、夏休みの時の話です。




    おすすめ!


    2: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)02:54:42 ID:6o5

    小6の時、俺は夜更かしを覚えて夜中の2時くらいまでポケモンとかしてた。
    その頃にプレイしてたFFとかのゲームの影響で、なんかセンチメンタルな思想にふけることが多くなり、小学生ながら「夜明けとか見てみたいな」って思い、翌日に早速決行することに。


    4: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)02:55:24 ID:NFB

    期待


    6: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)02:56:19 ID:6o5

    夜更かし自己ベストが夜中の2時半くらいまでで、日が昇る4時とかまで起きれたことはなかったけど、ひたすらゴウカザルのレベル上げをすることにより時間を忘れなんとか3時半までは起きていられた。
    自分の家は少し特殊で、自分の部屋から裏庭に出れて、さらにその裏庭にある低いフェンスを越えれば、ちょっとした森に入れる構造だった。


    7: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)02:56:57 ID:6o5

    その森はそんなに深いわけでもなく、
    近所の子供の遊び場みたいなもんで地元の子供ならみんな頭に地図が入ってた。
    半分夢うつつになりながらも、音を立てないようにして裏庭へ出てじっと夜明けを待つことにした。


    8: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)02:57:44 ID:6o5

    辺りもまだ暗く、森からお化けが出てきそうでかなりビビってる俺。
    ゲーム脳って怖いね、こんなビビってる状況で、小6の俺はある妄想をした。
    その時俺は、昔兄貴がプレイしてたキングダムハーツ2のことを思い出していた。


    9: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)02:59:26 ID:6o5

    そのゲームには、主人公が街中にあるレンガの塀にできた穴から森へ入ると
    そこにはハートレスという化け物がいて、奥へ進むと古びた洋館があり、
    そこに白髪の美少女がいるという展開があった。


    10: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:00:09 ID:6o5

    特に夜明け云々とは関係ないが、不思議な雰囲気にある今なら
    何かが起きるかもしれない、と小学生特有の好奇心が起動し森へ入ってみる事にした。


    13: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:01:00 ID:6o5

    フェンスを越えて森へ入った瞬間、湧き上がる恐怖。
    今すぐにでも引き返したいところだが、後ろを向いた瞬間ハートレスに●される気がした。
    内心半べそをかきながら、仕方がなく奥へ奥へと進んでいった。
    もうこの時点で自分の中には、当初の夜明けを見るというセンチメンタルな目的は消え、好奇心に化けた恐怖心のみが残っていた。


    14: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:01:32 ID:6o5

    さっき説明した通り、この森は余り深くない。
    なので俺はとりあえず前へ進みまくり、森から出て恐怖心を消そうと思っていた。
    子供の歩くスピードなら、2、3分で出られるくらいの広さのこの森。
    ところが、いくら歩いても歩いても、出口が見えてこない。


    15: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:02:09 ID:6o5

    最初はパニックで気づかなかったが、少し落ち着きを取り戻して
    冷静になりやっと、「なにかおかしい」と気付いた。
    2、3分なんてもんじゃない程の時間、俺は歩いていた。
    体感で、10分から15分くらい。


    16: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:02:52 ID:6o5

    徹夜明けで歩き続けさすがに疲れたので、太い木の根に座った。
    一体何がどうなっているのか、もしかしたらこれは夢なのか?
    頭を抱え、ただひたすら時が経つのを待った。
    バカな事に、俺はそのまま、疲れて森で寝てしまった。


    17: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:03:46 ID:6o5

    そして、目がさめると、恐ろしい事が起きていた。
    自分はぐっすり、いつもと変わらない時間寝たはずなのに、
    辺りは先ほど眠った時から全く日が昇っていなかった。
    仮に、自分が30分ほどの浅い眠りについていたとしても、森へ入ったのは3時半。
    そこから歩いた時間も含め、数十分はたっているはずなので、
    少しは明るくなっていないとおかしいのだ。


    18: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:04:40 ID:6o5

    もう一つ仮に、長時間眠っていたとしても、家から突然自分がいなくなれば
    家族は探し出そうとするはずだし、すぐ裏の森は最初に探しに来るはずだ。
    それも、本来は子供だけで遊びに来るような狭いこの森、
    探し出せないとは到底思えなかった。


    19: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:05:20 ID:6o5

    恐ろしくてたまらなくなり、ついに大声で泣きだす俺。訳が分からなさすぎてもうヤバかった。
    すると、急に後ろから誰かに抱きしめられた。


    21: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:06:05 ID:6o5

    ちなみに、ここから記憶が曖昧。推測も入ってるけど大体は当たってると思う。


    25: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:07:28 ID:6o5

    心臓が止まりそうになるほどビビって、森に響くほどの大声が出た。
    「静かにして」
    か細く、低い少女の声だった。
    「静かにしないと、いなくなっちゃうよ」


    29: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:10:24 ID:6o5

    いなくなる?俺が?この少女が?
    どちらにせよ、俺はさらに混乱し、また大声を出しそうになった。
    その時、少女は俺の体を自分の方に向け、少女にしては大きく白い手で俺の口を塞いだ。


    31: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:10:51 ID:Et1

    エロ展開か


    33: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:11:17 ID:6o5

    >>31
    パンツは履いといて


    32: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:11:06 ID:6o5

    少女の顔は、まさに「幸薄」という単語を顔で表したようなものだった。
    髪型は黒のショートで、多分白いワンピースを着てた(泥で汚れてて元の色が分かりづらい)多分、中学一年生?くらいの身長だった(気がする)
    正直、この少女の顔を俺ははっきりと覚えていない。それくらい、幸薄く、悪く言えば印象に残らない顔だった。


    34: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:11:57 ID:6o5

    「静かにしてって、聞こえなかったの。それとも言葉がわからない?もう学校はなくなったの?」
    言葉がわからない?わかるよ。学校なんてあるにきまってんじゃん。と言いたかったが、残念ながら俺の口は塞がれてて、少女に返事をすることはできなかった。


    35: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:12:39 ID:6o5

    「ねぇ、―/.,@&-(聞き取れない)から来たの?あの家ではまだミーカーファクォが自衛(自営?)してるの?」
    なに言ってる、もしかして、俺死ぬのかな?
    少女の意味不明な言動は俺の不安を無視して続く。


    36: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:13:24 ID:6o5

    「ねぇ、なんで寝たの、ピニンは樹脂(重視?)なの?」
    少女の俺の口を塞ぎ手の力はどんどん強くなっていく。
    俺はたまらず、手で木をペチペチと叩いた。そうすると、ようやく少女は手を離した。


    37: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:14:29 ID:6o5

    「ねぇ、鼓膜破らないように話して、君はミーカーファクォの―&-@:・,(聞き取れない)なの?ねぇ、言葉、分かってよ…」
    少女が泣き出した。
    今思えば、泣きたいのはこっちだって状況だが、
    おれはそんなことより「女子を泣かせてしまった」ということに焦って、
    必死に少女を「大丈夫、分かんないけど、大丈夫」となだめた。


    38: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:15:31 ID:6o5

    「君、喋れるの、空気で喋るんじゃなくて、口で喋るの?ふぅん、そう…」
    さっきまで泣いていたのが嘘かのように、彼女は急に淡々と語り始めた。
    「ねぇ、帰りたいの?センターキーにねじこめばいいじゃん、口で喋れるんでしょ」
    相変わらず何を言ってるのかは分からなかったが(ってか俺が思い出せない部分もある)、
    話をわかったふりをして、「わかんない、君が僕を返して」と少女に言った。


    39: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:16:14 ID:6o5

    わかったふりして分かんないって意味わかんないと思うけど、察してくれ


    41: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:17:16 ID:6o5

    すると少女は急に目をカッと見開き、
    謎の呪文?を唱え始めた。
    だが、俺は急に家へテレポーティングされた訳でもなく、
    また少女も火の玉を放つ訳でもなかった。


    42: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:18:03 ID:6o5

    俺が「????」としていると、少女は俺のポケットを弄り始めた。
    少女が俺のポケットから手を抜き出すと、彼女の右手人差し指には指輪が付いていた。
    (サイズは少女の指にピッタリで、厚みは1cmくらい?」
    よくみると、小さな目玉が5つ?ついていて、それぞれギョロギョロ動いていた。


    43: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:18:48 ID:6o5

    そして少女は人差し指で口を突いてきた。
    するとどういう訳か、声が出せなくなってしまった。というか、口を溶接で閉じられたといった感じ。
    「ねぇ、空気で喋って、ジエイの巫女様(神様?)ならできるでしょ」
    口が開かないのに喋れるか!!と突っ込みたかったが、そのための口もなく、そのまま沈黙が続いた。


    44: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:19:50 ID:6o5

    すると少女は耳を疑うようなことを言った。
    「空気で喋れるのね、君、学校行ってたんだね。わかるよ。」
    は?いやいや、自分は空気で喋ってなんかいないし、そもそもどうやるかも分からない。


    45: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:20:07 ID:Et1

    日は登ったんか?


    47: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:20:43 ID:6o5

    >>45
    このやり取りもあっというまだから、多分、登ってない、かな??


    49: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:21:21 ID:6o5

    「ねぇ、帰りたいならさ、池作るから、入ってよ。帰れるから。」
    急に俺を帰らせてくれる方向に話を持っていく少女。
    少女は人差し指で地面を突き出した。それも凄い勢いで。
    折れるんじゃないか、と思っていたが、それどころか地面の土の汚れも付いておらず、きれいな状態で少女の指は地面から出てきた。
    少女が作った穴は、どんどん大きくなり、大人10人は泳ぎ回れそうな池が出来上がった。


    50: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:22:10 ID:6o5

    「じゃ、ばいばい」
    少女がそういうと、自分の頭が勝手に池めがけて倒れていった。


    51: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:22:45 ID:6o5

    目がさめると、俺は自分のベッドの上にいた。
    外は朝。デジタル時計の日付は昨日より1日進んでいた。
    この時、昨夜からの記憶が抜けていて、かなりポカンとした感じで起きたのを覚えてる。


    52: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:23:22 ID:6o5

    昼になってポケモンを起動すると、なぜかレベルが上がりまくっているゴウカザル。
    多分、半分寝ながらやったんだろうなぁ…と気にしていなかった。
    俺は、完全に森での出来事を忘れてしまった。


    53: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:24:07 ID:6o5

    そして8年後。俺は実家を出て東京で働いていた。
    祖父が事故にあったと母から連絡があり、休みを取り実家に帰った。
    まぁ祖父については本筋には関係ないので割愛する。
    帰省した日の夜。久々に自分の部屋で寝た。
    でもどうも寝付けなくて、3時くらいに起きてしまった。


    54: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:24:57 ID:6o5

    椅子に座り、ボーッと裏庭を眺めた。
    森の手前にあるフェンスを見つめながら、「昔はよくここから出入りしたっけなぁ」と懐かしんでいた。


    55: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:25:40 ID:6o5

    すると、頭の中でなにかが引っかかった。うまく説明できないけど、
    昨日見た夢の内容を思い出せそうなむず痒い感覚に陥った。
    どうしても気になるので、外に出てフェンスをまじまじと見ながら必死に思い出そうとした。


    56: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:26:17 ID:6o5

    そして思い出した。子供の頃、自分が森で遭難しかけた時のことを。

    とまぁ、カッコよく書いちゃったけど、実際には、少しづつ少しづつ思い出した。


    57: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:27:05 ID:6o5

    話はここで終わり。
    夢のないことを言うと、俺自身は夢だと思ってる。けど、夢にしては生々しいし、面白いからここに物語調で書き留めた。
    以上。質問あったらどうぞ。


    58: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:28:56 ID:l9g

    同じ森に行ってみようぜ


    59: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:29:28 ID:6o5

    >>58
    行ってみたけど、普通に出られたし、少女が作った池はなかった。


    62: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:31:31 ID:l9g

    >>59
    同じ時間に行って少し寝てみれば?


    66: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:32:54 ID:6o5

    >>62
    でも、少女が来なかったらって思うと怖くて入れなかったお…(´;ω;`)
    すまん


    60: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:29:51 ID:xUv

    またその子に会いたい?


    61: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:31:24 ID:6o5

    >>60
    うん、できるなら会いたい。
    なんか、夢で出てきた人に恋しちゃって、どうしようもない感じw


    63: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:31:36 ID:SVY

    まずじいちゃんに相談だ


    68: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:34:00 ID:6o5

    >>63
    じいちゃんなんか知ってたらwktkだな…。


    64: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:32:07 ID:xUv

    向こうも>>1のこと覚えてたらwktkだな


    70: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:34:32 ID:6o5

    >>64
    自分では夢だと思いつつ、現実のような気がして怖いw
    会いたいけど会いたくない…(´;ω;`)


    65: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:32:24 ID:Et1

    夜明け前の森のなかはかなり暗いのではと思うのだが


    74: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:36:48 ID:6o5

    >>65
    早起きしたキャンプ合宿みたいな感じで再生してくれ


    69: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:34:15 ID:xUv

    実はその子が未来の奥さんでした展開はよ


    71: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:35:00 ID:6o5

    >>69
    顔覚えてないから気づけないな…w


    73: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:36:06 ID:6o5

    森の中の状況についても、質問あったらどうぞ
    覚えてなかったらすまん


    77: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:39:26 ID:6o5

    今ぐらいの時間に、森に入ったんだよなぁ…
    怖い…


    78: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:40:10 ID:Ktp

    季節はいつごろだったん


    79: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:40:41 ID:6o5

    >>78
    あ、描いてなかったか
    夏休みの時期、とだけ


    88: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:54:17 ID:6o5

    じゃ、森に入る時は気を付けて
    おやすみなさい
    駄スレにお付き合いいただきありがとうございました


    89: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)03:55:20 ID:Ktp

    じいちゃんに聞いてみてなんか知ってたら教えてな



    引用元: 俺が小6の時に不思議な体験をした話

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    ●人気記事ランキング●
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    この記事へのコメント

    1. 名無しさん@よも速:2015/06/17(水) 07:29:51

      えっトトロだろ?


    2. 名無しさん@よも速:2015/06/17(水) 08:10:08

      なんだメイか


    3. 名無し:2015/06/17(水) 14:24:18

      マジレスすると、当時の記憶と夢で見た印象的な記憶がごちゃになってるんやで。

      俺も似たような経験はあるぞ。
      家の向かい側の川付近にある山道を歩いていたら、山道の真ん中に家があって、その家を通り過ぎようとした時に、家の窓が開く音が聞こえて振り向いたら、おじいさんが出てきて「そこから先は幽霊が出てくるから危ないよ」って言われて引き返したけど、今思えば、その山道に家は建っていないんだよなぁ。

      こういう不思議な出来事って田舎者特有でよく起きるらしいぞ。


    4. 名無しさん@よも速:2015/09/24(木) 11:07:38

      ※3
      そうなんだぁ


    検索フォーム
    ついてくるオススメ!